お手入れ

アイロンのかけ方~基本編~

撥水加工をしている制服が水を弾かなくなってきたら、軽くアイロンをかけると水を弾く力が復活します。

 

アイロンがけの手順

 

1制服の汚れやホコリをブラシなどで取る。


2ブラシで繊維を起こすようにブラッシングをする。
 

3アイロンの温度が、制服の洗濯絵表示に合っているか確認する。
 

4あて布をして、少し浮かしてスチールアイロンをかける。
あて布は、ハンカチやてぬぐいなどの繊維のケバ立ちのない物を使用する。
あて布をせず直接アイロンをかけると、繊維がペッタンコになってテカリがでてしまいますので注意!
プリーツ部分を洗濯ばさみ等で固定するとスムーズにかけられます。

 

お手入れ一覧へ戻る