採用案内

先輩インタビュー

永井誠 大阪店販売二部販売課 2004年入社

普段どんな仕事をしていますか?
会社に来てすぐにメール・回覧の確認。お得意様からの注文書の処理、午前中は主にお得意先廻り。新規商品の売り込みや、検案事項に関する打ち合わせ午後からは既存・新規校を中心の学校廻りをしています。
学校との打ち合わせ等で、時間指定のアポイントが入っている場合は、その時間に合わせてスケジュール変更する場合もあります。
一日のスケジュールを教えてください
仕事のやりがいはなんですか?
自分の企画立案したものが形になった時にやりがいを感じます。
様々な企画を提案するものの、立案した企画が通ることは実際には難しいのが現実です。
そんな苦労を経て、形になった時の仕事に対する充実感はかけがえのないものです。
なぜこの仕事・業界を選びましたか?
もともとアパレル業界か学校関係の仕事に就きたいと思っていました。
就職活動を行なっていく中で「瀧本株式会社」と出会い、学生服を製造している会社と知り、私が希望する業種の両方を兼ね備えた企業だと思いこの会社を選びました。
瀧本はどんな会社ですか?
アットホームな職場環境の会社です。
縦と横のつながりが深く、人間関係もしっかりしていて働きやすい会社です。
実際入社してからでないとわからないとは思いますが、上司や部下と気軽に意見交換できる場も多く、居心地のよい職場です。

今まで仕事をしてきて、一番の思い出はなんですか?
沢山の人たちの協力のもと、時間をかけて作り上げた制服を生徒たちが着用して登校している姿を見た時の感動が一番印象に残っています。
これからの目標や、実現したいと思っていることはなんですか?
ランドセルのように、おじいちゃんおばあちゃんが孫に、親が子供にお祝いの品としてプレゼントしたいと思える様な制服を作ることです。
「学制服」は「高い」・「買わされている」といった声をよく耳にします。そうではなく、お祝いの品として扱われるようなモノ作りが出来ればと思います。
就職活動をしている学生に対して一言どうぞ
面接は誰でも緊張します。自分だけでなく、周りのライバルたちも緊張しています。
その短い面接の中でいかに自分らしさをアピールできるかが、重要な鍵となってきます。
どのようにすれば自分自身を短時間でアピールできるかに重点をおき、あきらめず満足のいく就職活動にしてください。

インタビュー一覧へ戻る